鉄骨建方工事

「鉄骨建方」では、建物に使用する鉄骨を組み立てていきます。鉄骨は戸建て住宅から商業施設や工場まで、丈夫な建物を建設する際に必ず必要な部材です。現場では鉄骨をクレーンで吊り上げ丁寧に組み立てます。組み上がった鉄骨はボルトによる仮締めの後に本締めを施し、強度を十分に高めていきます。ひとつ間違えれば大きな事故に発展することもあるため、妥協やミスはいっさい許されません。
自分たちが鉄骨組み立てを手がけたのち、その建物が完成していく様はとても誇らしい気分です。完成後は地域のランドマークとして機能し、この先10年も20年も人びとに親しまれ続けることに大きなやりがいを得られる仕事です。

鉄骨鍛冶工事

仮締めや本締めが完了した鉄骨に対し、仕上げとして加工を行なう作業が「鉄骨鍛冶工事」です。
鉄骨はメーカーが製作した既製の状態で搬入されるため、現場で使用する際に形状を整えなくてはなりません。アーク溶接の技術を駆使して曲げ・つなげ作業を施し、設計図どおりの状態に仕上げます。
一般的な鉄骨鳶は鉄骨の組み立て・仮締めまでしか行なわないことが多いのですが、弊社ではその後の本締め・タッチアップ・溶接も一貫して対応することによりご依頼主さまのご要望にお応えします。チャレンジ精神を強くもち、柔軟な対応を心がけております。

お問い合わせ  採用情報